青木瑞樹(カヌースプリント)のプロフィールや高校は?兄弟はいる?

カヌースプリントの青木瑞樹 スポーツ

9月27日(日)に放送されるミライ☆モンスターにカヌースプリントの超新星、青木瑞樹選手が登場します。

「水上のF1」と呼ばれ、直線コースでスピードを競う「カヌースプリント」、どちらかというとマイナーな競技に感じますが、高校生が活躍しているとなるとそのプロフィールが気になってしまいます。

この記事ではカヌースプリントの青木瑞樹選手のプロフィールや高校、兄弟などについてご紹介します。

青木瑞樹(カヌースプリント)のプロフィールは?

氏名 青木 瑞樹(あおき みづき)
生年月日 2002or2003年
年齢 17歳(2020年9月時点)
出身地 福島県二本松市
身長 168cm
体重 74kg

現在はポケモンGOのポケモンを捕まえるのにハマっているそうです。

彼女はおらず、これまでもできたことがないらしいです。

爽やかな印象ですし、日本代表の先輩たちに刺激されてこれから垢抜けてくるのでは?と期待してしまいます。

青木瑞樹選手のより詳細なプロフィールが分かり次第追記します。

青木瑞樹(カヌースプリント)の高校は?

カヌースプリントの青木瑞樹選手が在学中の高校は福島県にある「福島県立安達高等学校」です。

安達高校の偏差値は50で青木瑞樹選手の所属するカヌー部は全国大会の常連校です。

安達高校の著名な出身者には二本松市長の三保恵一さん、タレントでお笑い芸人の三瓶さん、脚本家の寺内小春さんなどがいます。

青木瑞樹選手はこの地に生まれていなければカヌースプリントという競技に出会っていなかったかもしれませんね。

青木瑞樹(カヌースプリント)の経歴は?

青木瑞樹選手がカヌースプリント競技を始めたのは二本松市立二本松北小学校2年生のときです。

カヌーとスキーの両立をしていましたが、二本松市立二本松第一中学校2年生の冬にスキーをやめカヌーに専念しました。

中学3年生夏の全国中学生大会はカヤックシングル500メートルで優勝、このときは国内の中学生で初めて1分50秒を切りました。

2019年夏の全国高校総体(インターハイ)はカヤックシングル500メートルで優勝しました。

2019年9月に東京五輪会場で行われた日本選手権カヤックシングル1000メートルで2位に食い込み、ジュニアの選手である高校生ながら2019・2020年カヌースプリント ・シニアナショナルチームに選出されました。

青木瑞樹選手:その他の実績
・2017年 オリンピックホープス(チェコ) U-15 1000メートル 決勝7位
・2018年 オリンピックホープス(ポーランド) U-16 1000メートル 決勝6位
・2019年 アジアパシフィック選手権大会(ニュージーランド) U-18 1000メートル 優勝

華々しい成績の割に顔の認知度が低いことが悩みのようですが、これからもっと実績を残すことで多くの人に知られることになるのでは?と思います。

同じカヌー選手の羽根田卓也さんの活躍は記憶に新しいですもんね。

青木瑞樹(カヌースプリント)に兄弟はいる?家族は?

青木瑞樹選手の家族に関する情報は見つけることができませんでした。

兄弟など家族に関する情報が分かり次第追記します。

青木瑞樹(カヌースプリント)のプロフィールまとめ

カヌースプリントの青木瑞樹選手のプロフィールや高校、兄弟などについてご紹介してきました。

情報のまとめです。

・青木瑞樹選手は福島県の二本松第一中学校出身、安達高校在学中
・2019年の秋に日本選手権で結果を残し、シニア代表に選出

青木瑞樹選手のこれからの活躍がますます楽しみですね。

最後までお読みいただきありがとうございます。