バルミューダザゴハンK08Aと旧型K03Aの違いを比較!おすすめは?

家電
ゴハン比較

クリックすると楽天にリンクしています

新発売されたBALMUDA(バルミューダ)のバルミューダザ・ゴハンK08Aと旧型機種K03Aの違いを比較して、徹底的に解説します!

K08AとK03Aの違いを比較したところ、以下の4つの違いがありました。

  • デザインは K08Aが四角形、 K03Aが円形
  • サイズは K08Aの方が一回り大きい、重量は K08Aの方が約600g重い
  • 炊飯温度の制御が K08Aの方がより緻密になっている
  • 価格が K08Aの方が1万円ほど高い

大きな違いは操作性で、元々シンプルなバルミューダ製品ですが、 K08Aはよりシンプルに操作しやすくなった印象です。

それでは本文で詳しくご紹介していきますね♪

\\操作しやすい新型はコチラ//

\\お得に買うならコチラの旧型がおすすめ//

バルミューダザゴハンK08Aと旧型K03Aの違いを比較!

K08AとK03Aの違いを比較したところ、以下の4つの違いがありました。

  • デザインは K08Aが四角形、 K03Aが円形
  • サイズは K08Aの方が一回り大きい、重量は K08Aの方が約600g重い
  • 炊飯温度の制御が K08Aの方がより緻密になっている
  • 価格が K08Aの方が1万円ほど高い

それぞれの違いを詳しくご説明していきますね!

デザイン

クリックすると楽天にリンクしています

バルミューダザ・ゴハンK08Aと旧機種K03Aでは、デザインが少し違います。

バルミューダザ・ゴハンを上から見たときに、K08Aは四角形、K03Aは円形です。

K08Aは四角形とはいっても、四隅は丸みを帯びており、やわらかい印象のデザインというのはK08AもK03Aも共通しています。

また、K08Aは旧機種のK03Aと比べると、1つ1つのボタンと時間表示の画面が大きくなっており、ダイヤルが追加されています。

炊飯ボタンが大きくなり分かりやすいですね。

サイズ

クリックすると楽天にリンクしています

次に、バルミューダザ・ゴハンK08Aと旧機種K03Aではサイズと重量が少しずつ違います

それぞれの機種のサイズと重量をまとめてみました。

K08A:幅242mm×奥行き266mm×高さ219mm 重量約4.6kg
K03A:幅275mm×奥行き251mm×高さ194mm 重量約4.0kg

K08Aの方が幅は狭くなっていますが、奥行きと高さは K03Aの方が小さいです。

設置するスペースの幅と奥行きで、どちらに余裕があるかで購入する機種を決めるのもよいかと思いますよ。

重量はK08Aの方が約600g重く、ペットボトル1本分が目安になるかと思います。

炊飯器は持ち歩くことはほとんどないかと思いますので、重量の差はそれほど気にならないのではないでしょうか。

炊飯温度の制御

クリックすると楽天にリンクしています

バルミューダザ・ゴハンは炊飯を開始すると、お米を低温でじっくり吸水します。

その後、一気に高温で炊きあげ、一粒一粒にうまみ成分であるデンプンを閉じ込めます。

K08Aの温度制御は旧機種の K03Aに比べるとさらに緻密になったため、お米の甘み・香りを最大限に引き出してくれることが期待できます。

価格

クリックすると楽天にリンクしています

バルミューダザ・ゴハンK08Aのお値段は旧機種K03Aに比べて、定価ですと3,000円ほど高くなっています。

ただ、旧機種K03Aは現在では値下げされているため2つの機種の価格差は1万円ほどになっています。

旧機種K03Aが値下げされたことによって価格差が大きくなったため、どちらを買うか迷ってしまいますよね。

\\操作性がよりシンプルな新型はコチラ//

\\軽い旧型はコチラ//

バルミューダザゴハンK08Aと旧型K03Aどっちがおすすめ?

バルミューダザ・ゴハン K08Aと旧機種 K03Aの違いを踏まえて、どちらがどんな方におすすめかを整理してみました。

バルミューダザゴハンK08A(新型)をおすすめする人

次のような人には新型の K08Aがおすすめです。

  • よりおいしくごはんを炊きたい人
  • 設置場所のスペースに余裕がある人
  • 操作するボタンはなるべく少ない方がいい人

新機種のK08Aは、炊飯温度の制御機能がより緻密になっており、さらにおいしいごはんが食べられそうです♪

ただ、K08Aは旧機種のK03Aよりも一回り大きいため、設置のためのスペースが必要となります。

そして、K08Aはボタンがシンプルで数も減り、直感で操作しやすくなっています。

寝ぼけ眼でごはんを炊くときには助かりそうですね。

バルミューダザゴハンK03A(旧型)をおすすめする人

次のような人には旧機種の K03Aがおすすめです。

  • 価格を重視する人
  • なるべくスペースを取らない炊飯器が欲しい人
  • 操作性はある程度シンプルであればいい人

少しでも省スペースを実現したいという人には旧機種の K03Aがオススメです。

値下げも考慮すると新機種の K08Aとは1万円ほどの価格差がありますので、なるべく安くバルミューダザ・ゴハンを購入したいという人は旧機種の K03Aがおすすめです。

バルミューダザゴハンK08Aと旧型K03Aの比較表

バルミューダザ・ゴハンのK08Aと旧型K03Aの違いを比較するために、それぞれの機種のスペックを記載した比較表を作成してみました。

型式 K08A K03A
本体寸法幅 242mm × 奥行 266mm
× 高さ 219mm
幅 275mm × 奥行き 251mm
× 高さ 194mm
本体重量約4.6kg約4kg
定格消費電力670W670W
電源コード長さ約1.2m1.2m
タイマーあり(炊きあがり時刻指定 / 2件登録可能)あり(時計式 前回の設定を記憶)
保温機能なしなし
時計表示ありあり
保証期間1年お買い上げ日から1年間
パッケージ内容本体、水計量カップ、取扱説明書(保証書付)本体、水計量カップ、米計量カップ、取扱説明書(保証書付)
カラーブラック
ホワイト
ブラック
ホワイト

バルミューダザゴハンK08Aと旧型K03Aの共通の特徴

ここで、バルミューダザ・ゴハンのK08Aと旧型K03Aの以下の共通の特徴を解説します!

  • 白米・白米早炊・玄米・おかゆ・炊き込みの5つの炊飯モード
  • 内釜と外釜の二重釜構造
  • カラーバリエーションはブラックとホワイト
  • 予約炊飯機能あり

それぞれの特徴を具体的にご紹介していきますね。

\\ごはんがよりおいしく炊ける新型はコチラ//

\\一回り小さくて省スペースになる旧型はコチラ//

5つの炊飯モード

クリックすると楽天にリンクしています

バルミューダザ・ゴハンの炊飯モードには白米モード・白米早炊モード・玄米モード・おかゆモード・炊き込みモードの5つのモードがあります。

それぞれの専用モードで炊飯することで、お米のおいしさが引き立てられます。

内釜と外釜の構造

クリックすると楽天にリンクしています

バルミューダザ・ゴハンは特徴的な構造をしており、内釜と外釜の二重釜構造です。

外釜に入れた水を加熱することで発生する蒸気の力で炊飯するのですが、お米を動かさずに炊飯することでお米の表面を傷つけることがありません。

お米を動かさずに炊飯って、 不思議な感じがしますよね。

お米が傷つかないことでデンプンが外に溶け出すことがないので、しゃっきりとした食感のお米を楽しむことができます。

カラー(ブラックとホワイト)

クリックすると楽天にリンクしています

バルミューダザ・ゴハンのカラーバリエーションはブラックとホワイトの2種類です。

バルミューダならではのベーシックなカラーですので、お家のインテリアの雰囲気に合わせてカラーを選んでみてくださいね。

ブラックもホワイトもマットな質感で、どんなインテリアにも馴染んでくれそうです。

予約炊飯機能あり

クリックすると楽天にリンクしています

バルミューダザ・ゴハンには予約炊飯機能があります

新機種のK08Aは炊き上がり時間を指定するタイプの予約機能で、2件まで登録することができます。

バルミューダザゴハンK08Aと旧型K03Aとの違いを比較!おすすめは?まとめ

バルミューダザ・ゴハンの新型K08Aと旧型K03Aの違いは以下の4つでした。

  • デザインはK08Aが四角形、K03Aが円形
  • サイズは K08Aの方が一回り大きい、重量は K08Aの方が約600g重い
  • 炊飯温度の制御が K08Aの方がより緻密になっている
  • 価格が K08Aの方が1万円ほど高い

私はせっかくバルミューダザ・ごはんを買うならその機能を十分に感じたいなと思うので新型のK08Aに気持ちが傾いています。

それから深夜や早朝などボーッとしながらごはんを炊くことも多いので、操作はなるべくシンプルな方がいいんですよね。

あなたもご自身に合った商品を選んでみてくださいね。