天国と地獄で証券会社と陸の関係は?回収されていない伏線まとめ!

天国と地獄で証券会社は? エンタメ

3月7日(日)に放送の『天国と地獄~サイコな二人~』の第8話、ついに東朔也の正体が判明し、日高には逮捕状と大きな動きが出てきましたよね。

ただやっぱりまだまだ真相が全て判明したという訳ではなく、先週少しずつまとまった考えがまたぐるぐる…なんて視聴者の方も多そうです。

そして第8話では陸と師匠の「証券会社」という意外な繋がりも見え隠れして?

今回は…

  • 天国と地獄で証券会社と陸の関係は?
  • 天国と地獄で回収されていない伏線まとめ!

こちらの内容でお届けします。

天国と地獄で証券会社と陸の関係は?

『天国と地獄~サイコな二人~』の第8話では陸が師匠の正体を確信し、陸の行方が心配になる回でした。

それと同時にセク原こと河原に明らかにされてしまった東朔也の正体。

師匠である東朔也はかつて証券会社の警備員で、すでに殺害されてしまった久米の息子の同僚でした。

久米息子の怠慢による警備失敗の濡れ衣を着せられ、恨みを募らせるといった流れでした。

過去に証券会社のエリートサラリーマンだったという設定の陸、ここへ来て師匠との過去の繋がりが判明??

これだけ多くの伏線が敷かれたドラマだと、全ての設定に深い意味があるのでは?と考え込んでしまいます。

そして、第8話の最後では師匠が陸を奄美大島に誘うというハラハラドキドキする流れで来週が待ちきれませんよね。

証券会社と陸にネットの声

ここで陸と証券会社、師匠との繋がりに気付いて陸を心配するネットの声をご紹介します。

天国と地獄で回収されていない伏線まとめ!

『天国と悪魔~サイコな二人~』では多くの伏線が敷かれており、話が進むにつれ少しずつ回収されてきましたが、まだまだ回収されていない伏線がありますよね。

もはや全てが伏線に思えてしまう、不雑すぎて考えるのはやめよう、など、人によって楽しみ方も様々になってきました。

ここでまだ回収されていない伏線についてまとめてみます。

天国と地獄で証券会社と陸の関係は?回収されていない伏線まとめ!まとめ

『天国と悪魔~サイコな二人~』の第8話について、以下の内容でまとめました。

  • 天国と地獄で証券会社と陸の関係は?
  • 天国と地獄で回収されていない伏線まとめ!

個人的には今期一番結末が気になるドラマです。

ただの殺人事件ではなく、人の愛が散りばめられているというのが深いですよね。

最後までお読みいただきありがとうございます。